コンテンツを見る

シューズは何
足持つべきな
のでしょうか?

エレガントな装いでは、7足つまり1週間の日数と同じ数の靴を持つというの伝統的なルールでした。
このルールは今日にも当てはまるのでしょうか?

7足のシュー
ズが理想的

 

7日間に7足のシューズというのは今では時代遅れですが、これは反論の余地がない良識に基づいた提案であり、その良識はいつの時代にも通用します。シューズの寿命を長く保つために、一度履いたシューズは次に履くまで休ませておかなければなりません。したがって、できるだけシューズは2日連続で履かないことです。レザーシューズを履いた後は、シューツリーを入れておきましょう。レザーは有機素材であるため絶えず変化するため、環境や湿気、汚染などに弱く、呼吸できなければならないのです!


論理的なエレガンス


今日、この基本的なルール以外にシューズコレクションの判断材料とすべきことは、ワードローブ、シーズン、オケージョンです。春にはローフォー、冬にはブーツ、オフィスではダービーあるいはオックスフォードというようにです。ラバーソールは天候を選ばないので、それを検討するのもよいでしょう。そして最後に、あなたのスタイルがあります。ベルルッティでは、どんな大胆な要望にも応える無限に近いパティーヌカラー をご用意し、思い切った組み合わせや印象的なディテールを提案しています。あらゆる場面に備え、足元にこだわるすべてのエレガントな男性に持っていただきたいモデルをいくつかご紹介します。

 

オックスフォード


オックスフォードは、エレガントなワードローブに欠かせません。非常に優秀なクラシックシューズで、内羽根式のデザインによって見分けることができます。フェーシングがヴァンプと呼ばれるシューズ上部の一部になっており、Vの字にわずかに開いたところから足を滑り込ませます。紐を締めると、フェーシングの2つの端が接触します。このディテールがシューズにフォーマルな印象をもたらします。物語で名高いベルルッティのレースアップシューズ、アレッサンドロは、1895年に創業者のアレッサンドロ・ベルルッティによって初めて作られ、時間と共に進化してきました。一枚革で作られており、縫い目は見えず、ライニングとソールには対照的なグリーンまたはバイオレットが使用されています(対照的なカラーのシューツリーもあります)。すっきりとしたラインによって、エレガントなデザインと快適な履き心地に仕上がっています。カプリ、デムジュール、ガレのどれをお選びいただいても、アレッサンドロはスーツやストレートレッグのパンツに見事にマッチし、脚のラインを長く見せてくれます。

ダービー


ダービーは外羽根式のため、もともとはオックスフォードほどフォーマルではないと考えられていました。紐はヴァンプに縫い付けられたクォーターに通されており、それを持ち上げて足をシューズに滑り込ませます。しかし、ベルルッティでは、その序列はもはや通用しません。ダービーもオックスフォードに劣らずエレガントで、フォーマルスーツにとてもよく合います。洗練されたクラシックなシェイプの非常にスタイリッシュなカプリのガスパールが好例でしょう。ストレートトゥキャップは、イタリア人画家ルーチョ・フォンタナの切り込みを入れた有名なキャンバスにインスパイアされたもので、ツートンカラーのパティーヌがそれを引き立てるとともに、シューズに深みを加えています。

ブローグ


ブローグシューズは、アウトドア用のウォーキングシューズとして北アイルランドで誕生しました。もともとは数枚のレザーから作られ、雨や泥が流れ出るようにパーフォレーション(ブローグ)が開けられました。

19世紀に英国貴族の間で人気が出ると、パーフォレーションが装飾目的で残されました。メゾン・ベルルッティでは、男性のワードローブの定番であるダービーを複数のモデルで展開し、この英国スタイルを再解釈しています。例えば、「フルブローグ」シューズのジェームスのエリプスモデルは、パーフォレーションレザーのウィングチップがポイントになっており、シューズの起源を思い起こさせます。ネログリージョまたはトバコのパティーヌが施されたヴェネチアレザーで伝統と現代性を融合させたシューズです。グッドイヤー製法と厚いソール、ラバーのハーフソールによって、冬向けの頑丈で摩耗に強いモデルとなっています。

ブーツ


ブーツも男性のワードローブに欠かせないアイテムです。ブーツはテーラードパンツ、ジーンズ、チノだけでなく、スーツにも驚くほどよく合います。街中でも週末の旅行でも活躍します。ラバーソールを選べば、あらゆる天候に耐えることができ、ファーストクラスかどうかにかかわらず、あらゆる地域へのあらゆる旅で第一候補となるでしょう。例えば、ヘイスアンクルブーツは秋冬コレクションの典型的なブーツで、幾何学的なライン、ラバーハーフソール、装飾ステッチがあしらわれた大胆なポインテッドトゥを備えています。このブーツは、シルエットに現代的な印象を持たせています。

ロックンロールスタイルのブラックのグレーズドカーフレザーまたはリザードスキンとクラシックなヴェネチアレザーをご用意しています。

カプリのクラシックもあります。これは1960年代にモッズたちが取り入れた有名なチェルシーブーツを再解釈したものです。コーディネートを選ばず、スーツやフォーマルパンツにも合いますし、ジーンズと合わせてカジュアルルックを演出するのもよいでしょう。

スニーカー


スニーカーは、もはやジムで履くだけに限られません!スニーカーは本格的に男性のワードローブに加わり、ほとんどあらゆるものに合わせられるようになりました。ジーンズやチノは言うまでもなく、テクスチャードファブリックで作られたフォーマル過ぎないスーツやセーターあるいはカーディガンにもよく合います。ただし、パンツの幅には要注意。ワイドレッグのパンツは避けるべきです。どんな状況でもパンツの後ろがスニーカーに挟まらないようにしましょう!裾がやや短めのパンツを選ぶか、裾をピンロールすれば、スニーカーのステッチがよく見えます。

例えば、1960年代のヴィンテージテニスシューズにインスパイアされたプレイフィールドには、パッド入りのトゥヴァンプ(柔軟性を高めるため)、ヒールに施されたすっきりとした縁のステッチ、手作業で施された補強ステッチといった優れたシューメイキングの証が確認できます。閉じ方、カラー、素材に関しては、レースアップでメテオライト(ネイビー)またはバーボンのヴェネチアレザー、ベルクロでホワイト、ボルドーまたはグレーのヴェネチアレザー、ブラックまたはホワイトのややマット仕上げのヴィッテロスポーツレザー、非常に洗練されたナチュラルまたはブラックのアリゲーターまたはリザードスキンなど、お客様次第です。

そして、さらに……

もちろん、イブニングドレスシューズであるデムジュールのアンディローファーなど……ご希望に応じたリストが揃っています!

Home Try On CA

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Ipsum reiciendis accusamus unde sequi vitae accusantium eos provident blanditiis assumenda, expedita quaerat iste, porro magnam quia, nemo. Vitae, nobis exercitationem unde. Hic eveniet officiis voluptates atque cum ad ut, non. Ad accusamus, sequi ipsam quidem, facere omnis obcaecati quia unde voluptatum aliquam sed repellendus ut tenetur dicta esse commodi nostrum beatae. Officiis nobis, laborum reprehenderit modi assumenda est. Nobis, consectetur veritatis? Saepe temporibus dolores recusandae voluptates voluptatibus quo necessitatibus, esse illo, eligendi tempora aut ipsa provident doloremque quam minima optio magnam!

Return In Store CA

Dolorum perspiciatis voluptatibus distinctio nostrum, quo obcaecati sequi culpa itaque sint vel impedit eaque architecto provident, totam fuga tempora sed, recusandae explicabo maiores aut incidunt assumenda necessitatibus labore. Iste, provident. Commodi asperiores ad repellat tempora modi culpa labore eaque magni? Atque totam quia sunt iusto obcaecati odit molestias ex voluptatem sequi aut hic nemo vero, magni impedit vel, tempore quod! Aut exercitationem esse quibusdam laboriosam provident, itaque magnam dignissimos impedit nisi quis modi aperiam minus eius officia cumque tempora voluptatem voluptate mollitia quisquam animi commodi vero consequatur, consectetur qui nam!

We are currently working on the website to provide you with the best experience.

We apologize for the inconvenience and invite you to come back later.