当サイトを引き続きご覧になることにより、お客様は利用状況の統計を取り、ソーシャルネットワーク関連の情報を共有することを可能にするCookie(クッキー)の利用を承認されたものとみなされます。詳しい情報を知り、Cookieのパラメーターを設定するには、 こちらをクリックしてください。

シューメーカー・ヘリテージ

ベルルッティブランドの唯一無二の皮革

シェア

ベルルッティは流行を追わず、創出します。1980年代、紳士靴の大半はブラック、マロン、あるいは、エキセントリックなボルドーに色範囲が限定されていましたが、ベルルッティはカラーを選べるように、パティーヌという染色技術を開発しました。

パティーヌは「カカオ」、「秋の葉」、「グリ煙草のブラック」や、最新の「サンテミリオン」など連想をかきたてる名称がついており、専門のカラーリストが秘伝のオイルをたっぷりとふくませ、手作業で施す染色法で、シューズに独自の色合いと斬新さを与える技術です。

控え目とエキセントリック、簡素と派手。ベルルッティのシューズはどれも唯一無二の芸術品です。それを身につけるジェントルマンだけが履くに値し、パティーヌの仕上げを選択する責任は彼らにあります。初回と二回目のパティーヌの間に、お客様には、足に革がぴったりとなじむよう、シューズを実際に数日履いて、歩きしわをつけるようお勧めしています。このようにすることで、お客様の要望に応じてカラーリストはカラーを修正し、ニュアンスを出すことができます。パティーヌはお客様の個性や季節に合わせ、要望に応じて変更可能です。

ベルルッティのパティーヌ染色法は門外不出であり、オルガ・ベルルッティの才能から生まれた染色技術です。

ベルルッティのパティーヌ染色法は門外不出であり、オルガ・ベルルッティの才能から生まれた染色技術です。 ヴェネチア・レザーはオルガが発明した特別の皮革で、独特の透明感を革の色合いに与える天然素材や化学薬品を使った革なめし技法から生まれた素材です。

伝説では、オルガが ヴェネチア・レザーのヒントを得たのは、革の脱色に月が影響していることを確認したことだったとも言われています。発明後20年を経た今日でも、ヴェネチア・レザーはベルルッティの不可分の財産です。
 

シューズの輝きを保つためにはいくつかの規則を守らなければなりません。
二日おきに同じ靴を履かないことや、履かないときは木製のシューキーパーを入れて休ませることは当然のことですが、その他にも留意すべきメンテナンス ルーティンがあります。まず、柔らかいぼろきれで靴の汚れを落とします。次に靴に無色のワックスを塗り栄養を与えて保護します。靴の革色よりもやや明るい色の靴墨を塗り、靴を輝かせます。

これは机上のルールではなく、実践すべきルーティンであり、オルガ・ベルルッティによるささやかなレッスンなのです。

 

ベルルッティのニュースレターにご登録ください

メゾンの新製品や最新情報をいち早くお届けします。
*必須項目

ありがとうございます

今後ベルルッティのニュースレターをお届けいたします。